明日も晴れでありますように
卓球、小説、最近の出来事などについてのんびりと語るブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サクラ咲く季節に 1日目「始まり」
新しい小説です。今回は一人称の書き方の練習のために恋愛系(?)を書いてみようと思いました。ただ単にパソゲーに汚染されてるだけですけどね
ではどうぞ。
いつからだろう。この病室から窓の外に広がる空を見上げているのは…。そうだ…6ヶ月前、あの事が起きてからだ………。



「やべぇ!遅刻する~!」
朝、まず俺、矢神佳祐の目に飛び込んできたのは8時20分なんてふざけた表示をしているデジタル時計。学校は家から歩いて10分かかる場所にある。
「くそっ、何だってこんな日に…!」
今の時刻と合わせてちょうど遅刻といったところか。そんな時間に目覚めた人間がとる行動は一つ。焦る。そして急ぐ。
着替えを速攻で済ませ、居間へ行く。幸い今日も朝食は隣に住んでる幼なじみの鶴舞七瀬が用意してくれていた。その中からトーストを一枚くわえ、俺は家を飛び出した。
「行ってきます!」
誰もいない家に挨拶をする。親父は単身赴任で滅多に帰ってこないし、母親はとうの昔に他界した。つまり、現在は自由気ままな一人暮らしなのである。
全速力で走る。目指すは私立ひばり学園高校。そこから俺の新たな生活が始まる…。


Capaと違って1話1話は短いです。こっちは大まかな設定だけして思いつきで書いているので更新も途切れ途切れになりますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。