明日も晴れでありますように
卓球、小説、最近の出来事などについてのんびりと語るブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1週間やりこみレビュー 1日目
今日から即実行しました、1週間やりこみレビューです。記念すべき第1号のMSは『セイバー』です。
なぜセイバーなのかって?それは自分が使いやすいからです(ぉぃ
正直いきなり1週間同じMS使おうなんて思っても続くか心配なので慣れてるのにしました。すんません(_ _;)
とうわけで、まずはセイバーについての基本的なことをまとめてみましょう。

コスト:450 耐久値:550 シールド:あり 変形:あり
武器:メイン射撃 ビームライフル(6発)
   サブ射撃  プラズマ収束ビーム砲×2(4発)
   チャージ  プラズマ収束ビーム砲(照射)
   格闘    ビームサーベル
ビームは標準的なもので、サブはダウン属性。チャージは多段ダメージ。格闘はN格が3発、横格2発、前格多段、特格4発。変形格闘はなし。

こんな感じです。ブーストはMS形態は並の性能。ただし旋回性能が非常に悪く、小回りが利きません。MA形態ではブーストのスピード、旋回力がMS時よりも良くなり、非常に動きやすくなります。耐久力が450機体中最低の550なので、無駄なダメージを喰らうのは禁物です。よって必然的に中距離での射撃メインが中心の戦法になります。
MA形態で移動しつつ、サブを狙うのが定石ですね。曲げ撃ちが容易にでき、相手の動く方向さえわかれば大抵の場合当てられます。この攻撃は確かに使いやすく強力なんですが、MA形態は常に前進しているので中距離から変形してそれを狙うと避けられた場合カウンターで格闘を入れられ非常にorzな状況に陥ります。それが熟練者相手ならほぼ確実に昇天します。
だからといってメイン射撃を撃てばいいというわけでもありません。変形のメイン射撃はコマンド入力から射撃までの所要時間、発射後の硬直共にサブより長いので逆に狙いにくいのです。
つまり、MAでの射撃はあくまで『反撃されない距離』からの攻撃となります。
となるとMS形態での射撃も重要になってきます。メインは他の機体と同じ性能のビームライフルなので使い勝手は十分。しかし、サブは発射後の硬直が激しいのでヒット確定の場面、もしくは遠距離からのグリーンホーミングでの使用のみとなります。
MS形態ではメイン射撃のみで戦うのが一番いいかもしれません。
格闘は皆発生が遅く、同時に出すとほぼ確実に負ける&耐久値の低さから自分から狙いにいくことはできないので、相手のスキの大きい格闘を避けたときのみに対しての迎撃に使う程度と考えるのが妥当ですね。ただし例外として一つ、MAからの前格闘があります。
セイバーはMA時の固定格闘が無いため、コマンド入力後、素早くMS形態に戻り格闘を仕掛けることができます。それと前格の異様なまでの伸びを利用し、中距離からの奇襲として使える場面が多いです。また外れた場合でも移動する距離が長いので読まれてさえいなければ反撃を喰らう確率は低いと言えます。

基本的な戦闘の仕方などはこんな感じでしょう。
明日はチームプレイなどの立ち回り等について書きたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。